神経症(心身症)-四ツ谷の心療内科・精神科|四谷三丁目つばめクリニック

【診療時間】月火金土 9:00~12:30 / 15:00~18:30
水13:00~16:00 / 18:00~21:00
※最終受付は終了30分前

 【休診日】木曜・日曜・祝日

診療予約・お問い合わせ・ご相談
03-5341-4066

【診療時間】月火金土 9:00~12:30 / 15:00~18:30
水13:00~16:00 / 18:00~21:00

 【休診日】木曜・日曜・祝日

神経症(心身症)

神経症(心身症)について

心身症とは、精神的ストレスや対人関係など、心理・社会的要因がその発症や経過に大きな影響を及ぼしている”体”の疾患です。

たとえば、仕事がどうにもうまくいかない、家庭生活で嫌なことが続く、大切な人と死別したなど、心理的要因や過剰なストレスによって発症する胃かいようや十二指腸かいようなどが、これに相当します。

自分の内的感情やストレスに気づきにくく、自分を抑えて周囲に合わせたり、自分の感情をうまく言葉にできなかったりする人に多いと言われます。診察では、そういった特性がないかをおたずねすることがあります。

治療には単なるストレスの除去だけでなく、心理面の治療が必要ですので、通常は長い時間がかかります。治療が不完全ですと、初発症状が治っても、すぐに別の症状が現れるケースがありますので、しっかり治すことが大切です。治療の初期の段階で一時的に薬物療法を併用することがあります。症状の変化に伴って内服薬をどのように調整していくのが良いかを一緒に考えて参りましょう。

神経症(心身症)の症状

神経症(心身症)に関係する疾患は多岐にわたり、循環器系では本態性高血圧、呼吸器系では気管支喘息、消化器系では十二指腸かいようや慢性胃炎、皮膚科系ではアトピー性皮膚炎や円形脱毛症などが、それぞれ代表的です。

神経症(心身症)の治療

心身症の治療では、一般的な全身疾患とは異なり、心理的な要因が関与しているため、身体的な治療だけでなく、心と体の両面からアプローチを要します。

薬物療法やカウンセリング、自律訓練法などで心の治療を行うとともに、併行して身体疾患に応じた治療が必要になります。その時はご紹介文を作成して専門科への受診をお願いすることもあります。